波間のウロコ

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇室のこと

<<   作成日時 : 2016/09/14 14:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

結婚するまで、毎年お正月には、両親と3人で母方の祖母のところへ行っていました。

ある年、祖母の部屋の皇室カレンダーを見て、母が言いました。
「いいわあ、これ私も欲しいわあ

当時の私は、大変失礼ながら、「なんでこんなもの欲しがるの」と思っていました。
皇室についての知識が、ほとんどありませんでした。

アメリカ留学から帰ってきた高校の同級生に、「アメリカではエンペラーって言わないんだよ。『ヒロヒト』って、名前で呼ぶんだよ」と言われた時に初めて、昭和天皇のお名前を知ったぐらいでしたから

それまで生きてきた中で、皇室のことを誰かに教えてもらったことがなく、自分で興味を持って調べてみようとしたりも、しませんでした。

学校では、「象徴としての天皇」だとか、「総理大臣の任命」とかの事を習いましたが、「万世一系」という言葉には、一度も出合いませんでした。

皇室の存在意義について語った先生は、たった一人だけでした。
それも、高校時代の社会科の先生で、、「共産党の党員ですよ」と公言していた方でした。

この方は、「天皇制なんて要らない。早く廃止すればいい。」とよく言っておられたのですが、一度だけ、皇室は残すべきだという真逆のことをポロッとおっしゃいました。「もう民間には全く残っていない、貴重な『日本特有の伝統行事』を残すためには、天皇家を存続させるしか方法がない気がする。」と。

「へえ、皇室の存在意義って、そこか」と刷り込まれてしまった気がします

あれから20年以上経った数年前のある日、私の目を開いたのは、図書館に置いてあったマンガでした。



皇室入門 (マンガ入門シリーズ)
飛鳥新社
渡部 昇一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 皇室入門 (マンガ入門シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



まさに目からウロコ。
あ、これはもっと知らなくては、と思い、そこから渡部先生の本を中心にあれこれと読みました。

色々と知識を得ました。
日本人なのに、日本についてなーんにもわかっていなかったことが、わかりました。

皇室カレンダーを欲しがった母の気持ちも、わかりました。

生前退位のことなどで、ニュースに上がることも多い皇室のことを、もっと若い頃(それこそ高校の頃に)学んでおくべきだったと思います。



皇室はなぜ尊いのか (PHP文庫)
PHP研究所
2015-05-02
渡部 昇一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 皇室はなぜ尊いのか (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





決定版 日本人論~日本人だけがもつ「強み」とは何か?~ (扶桑社新書)
扶桑社
2016-07-02
渡部 昇一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決定版 日本人論~日本人だけがもつ「強み」とは何か?~ (扶桑社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇室のこと 波間のウロコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる